日本軍占領下のマラヤ TOPICS

日本軍占領下のマラヤ

投稿日:

投稿者:南里章二

日本軍によるマレー半島侵略

コタバル上陸

1941年12月8日午前2時25分、日本軍の侘美支隊(第18師団の一部)はマレーの東海岸コタバルに上陸した。続いて第5師団がタイ領シンゴラとパタニに上陸。真珠湾攻撃の約1時間前のことだった。

コタバル上陸
「日本侵略馬來亜歴史図集」

陸軍は三つの作戦を立てていた。一つはマレー半島とシンガポール、二つ目は香港、そしてフィリピン攻略である。そしてさらにオランダ領東インド(現インドネシア)を占領して、石油資源を確保することにしていた。これらを一斉に攻略して占領することを「南方作戦」と呼んでいた。

「商船戦記」大内健二著 光人社NF文庫

最強戦艦の撃沈

イギリスは日本軍のマレー上陸作戦を阻止するため、最新鋭の戦艦プリンス・オブ・ウェールズとレパルスをシンガポールに派遣した。両艦は南シナ海を北上したが、すでに日本軍が上陸していたため引き返した。日本軍は捜索機でその位置を知り、両艦は爆弾と魚雷を積んだ海軍航空部隊によって撃沈された。イギリスの首相チャーチルは、この「不沈艦」敗北のニュースを受け取り大きなショックを受けた。これは英海軍史最大の敗北であったとされる。

プリンス・オブ・ウェールズ
「日本侵略馬來亜歴史図集」

 

撃沈された両艦の最期

 

ペナン占領

上陸後、侘美支隊は英軍から激しい攻撃を受け多くの死傷者を出したものの、東海岸に沿って順調に南下した。タイから南下した第五師団の最初の難関は、タイとマレー国境近くに構築されたジットラ・ラインであった。22キロに及ぶ縦深陣地で、六千名の兵士、戦車九十台と重機関銃を備えた英軍が待機していた。これに対し、わずか数十台の戦車と六百名ほどの兵力で突破したのが佐伯挺進隊である。

サイゴンから飛び立つ日本軍機
「日本侵略馬來亜歴史図集」

そして、サイゴンから飛来した爆撃機がケダ州バターワースの英空軍基地を攻撃。英軍はただちに撤退をしたため、日本軍はペナン島を無血占領した。(12月16日)

ペナンには華僑が多く住んでおり、日本軍はここで華僑籌賑会(中国への募金組織)幹部の名簿を入手した。これは後の華僑虐殺の大きな要因となった。

ペナンに入城した日本軍

 

スリム河の戦い

しかし、クアラルンプ―ル手前のカンパル、スリムでは英印軍は激しい抵抗を示した。4日間にわたる戦闘で、日英軍ともに戦力の大半を消耗した。インド人部隊は降りそそぐ砲弾の中銃剣突撃を決行し、彼らの抵抗の激しさに日本軍は撤退を考えた。しかし1月7日、スリム河の戦い(注)で日本軍が橋を確保した直後、3200名のインド人部隊が投降した。

マレー半島に配備された英軍の多数はインド兵によって構成されていた。本国インドではイギリスに対する反植民地運動が激化しており、「アジア開放」を謳う日本に対して彼らの士気は高くなかったのだ。これにより多くの武器を押収した日本軍は、「チャーチル給与」と呼んで喜んだ。

インド人部隊  ペナン戦争博物館

 

クアラルンプール陥落

スリムほぼ全滅の報を受けたクアラルンプールの英軍は、日本軍のクアラルンプール侵入(1月11日)直前に総退却した。クアラルンプールはほぼ無抵抗のまま日本軍の手に落ちた。日本軍は早速飛行場二ヵ所を占領して、飛行基地として使用した。

注)1月6日、日本軍はクアラルンプールの北のスリム河まで進撃した。ここでは北部で敗走した英軍が、援軍を加え日本軍への攻撃に備え強固な縦深陣地を築いていた。しかし日本軍は戦車による夜襲を決行して、たった1日でスリム一帯を占領することに成功した。日本兵は347名の戦死者を出した。

クアラルンプール駅前の日本兵
「日本侵略馬來亜歴史図集」

現在のクアラルンプール鉄道駅

 

 

 

 

 

ジョホールバルへの進撃

マレ―半島侵攻の特徴の一つは、長距離移動に自転車を活用したことだ。各歩兵に一台支給されたが、消耗が激しいため住民からも徴発した。この大規模な自転車による移動は、いわゆる「銀輪部隊」と呼ばれる。イギリスによって舗装された道路のお陰で、部隊は容易に南下することができた。

シンガポールに隣接するジョホールバル手前での英軍の抵抗はさすがに激しかった。

日本軍は三百人以上の負傷者を出したものの、ほぼ全滅近く撃破した。マレー半島最大の激戦であった。ジョホールバルに着いたのは、上陸後55日の1月31日である。

南進する自転車部隊
「日本侵略馬來亜歴史図集」より

 

コーズウェイ炎上

コタバルからの侘美支隊もジョホールバルで合流し、本体である18師団も続々と到着した。五万を超える日本軍はシンガポール攻略の体制を整えた。

英軍は、マレーシアとシンガポールを結ぶコーズウエイ(ジョホール水道)の橋を渡って退却する準備を進めていた。1月30日深夜インド人部隊、続いてオーストラリア人部隊、最後に橋頭保を守っていたイギリス人部隊が橋を渡り終えた直後、橋は爆破された。これにより英軍はマレー半島を失い、日本軍のシンガポール攻略が始まることになる。

炎上するコーズウェイと軍港 
「日本侵略馬來亜歴史図集」より

投稿者:南里章二

南里章二の詳細を見る