執筆者について AUTHOR

Author 執筆者について

投稿者:南里章二

旅行(世界史研究)家。新聞社・放送局主催によるカルチャーセンターの「世界史講座」講師。40年をかけて全世界193ケ国を訪問。独自の教材によるユニークな講義は好評を博している。著書は「全世界紀行-民族と歴史、そして冒険」(ナカニシヤ出版)、雑誌刊行物等に紀行文多数掲載。

南里章二の記事一覧

  • 世界史の中のマレーシア3-ポルトガルの支配

    ポルトガル人の到来 ヴァスコ・ダ・ガマ率いるポルトガル船隊が、アフリカ最南端の喜望峰を迂回し、インド洋航路を経て西岸カリカットに到着したのは1498年であった……

  • ネグリセンビラン州の追悼碑を訪ねて3

    スンガイルイ村ー埋もれていた集団墓 ネグリセンビラン州の東北端、現在ここにはマレー鉄道の線路だけが通っているが、かつてスンガイルイという村と駅舎があった。 ……

  • ネグリ・センビラン州の追悼碑を訪ねて2

    抹殺された村-イロンロン村 ネグリ・センビランの州都セレンバンから少し北東に入った盆地に、ティティという小さな町がある。さらにここから西500メートル奥に入っ……

  • ネグリ・センビラン州の追悼碑を訪ねて1

    日本軍による「敵性華僑狩り」は、シンガポール、マレー半島、そして北ボルネオでも行われた。しかし終戦時日本軍が現地を去る時、その証拠書類は焼却され記録はほとんど残……

  • はじめに

    はじめに 2017年の春から夏にかけて、私はマレーシアとシンガポールにある日本軍占領時代の戦跡を訪ねて二度の旅に出かけた。今までに40年以上をかけて世界の全独……

  • 日本軍によるマレー半島侵略

    コタバル上陸 1941年12月8日午前2時25分、日本軍の侘美支隊(第18師団の一部)はマレーの東海岸コタバルに上陸した。続いて第5師団がタイ領シンゴラとパタ……

  • 世界史の中のマレーシア2-マラッカ王国

    マラッカ王国の誕生 14世紀の末から15世紀の初めにかけて、マレー半島のマラッカに王国が誕生した。1511年から3年間、マラッカに滞在したポルトガル人トメ・ピ……

  • 世界史の中のマレーシア1 ー古代マレー世界

    序章 人類発祥の地、アフリカを旅立ったホモサピエンス(現生人類)が、マレー世界に到着したのは今から約4万年前といわれる。サラワク州のニアの洞窟の深層部から、初……