執筆者について AUTHOR

Author 執筆者について

投稿者:陸培春(ルー・ペイ・チュン)

マレーシア国籍。シンガポール紙「星州日報」の初代特派員として多くの記事を内外に発信。ラジオ短波アジア賞特別賞、マレーシア福連会ルポタージ部門優秀賞受賞。駒沢大学等の講師を経て、現在はクアラルンプール在住。陸培春留学中心社長。著書は「東京発アジア電」(徳間文庫)「飽食日本」(サイマル出版会)ほか多数。

陸培春(ルー・ペイ・チュン)の記事一覧

  • リー・クアンユーの警告

    今もなおはっきり覚えているのだが、1980年代のある日、リー・クアンユー首相が東京を訪れ、国内外の報道陣向けの記者会見場に入るとすぐに彼は背筋を伸ばし、血色がよ……

  • 日本人の「加害」と「被害」意識

    軍国主義による侵略である「大東亜戦争」に関するキーワードのうち、「加害」と「被害」という2つの単語が日本の様々な文字媒体、ラジオ、テレビで高い頻度で取り上げられ……

  • 阿部改憲で戦争が近づく

    9年前、支持率の暴落と健康問題により、やむにやまれず首相の座を辞したときの状況とは異なり、安倍首相は今回の参議院選挙(注:2016年7月)で大勝し、連立与党は3……

  • 「地球儀を俯瞰する外交」の幻想

    G7首脳会議、APEC(アジア太平洋経済協力会議)、ASEAN+3(東南アジア諸国連合+日中韓)首脳会議、国連気候変動枠組条約締約国会議が各地で続けて開催された……

  • 日本人は歴史に無知なのか

    「私はすでに80歳になるが、5年前に『北海道新聞』の連載コラムを読んで日本のマラヤ侵略の史実を初めて知った。たとえば、ネグリ・センビラン州の小さな村で鄭来一家4……

  • 一億人余りの日本人が「アジア平和賞」を受賞!

    もうすぐ81歳を迎える元気いっぱいの星野恒雄氏は本当に幸せなお年寄りである。青年時代に欧米を旅して西洋料理を味わい尽くした彼だが、マレーシアは今回が初訪問だ。3……

  • 本当の安倍晋三は10倍悪い!-序にかえて

    本書はもともと出版するつもりはなかった。なぜなら、私はすでに『「抗日」未だ成功せず―安倍晋三首相の極右思想批判』を出版しており、彼の悪事と非道については嫌という……